FC2ブログ

DELFDALF取得への道

DALFC1取得を目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

DALFC1受験結果報告

久しぶりの投稿ですが、11月実施のDALFC1 を受験しました。


先週金曜日(12月14日)の飲み会の帰りにたまたま日本フランス語試験管理センターのHPを開いたら、
翌日合否結果をオンラインで公開しますとのお知らせが。

いつの間にかネットで確認できるようになっていたのですね。
便利になりました。


さてさて

合否結果及び分野別内訳は下記をご参照ください ↓

続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2018/12/16(日) 20:21:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

最近の学習方法と今後の計画

前回の投稿から1カ月が経過してしまいました。

最近は週に2~3回アンサンブルアンフランセのオンラインレッスンを活用しています。
フランス人、スイス人2人の先生について、それぞれ和文仏訳、記事読解をお願いしています。

1回50分、2500円の時間を有意義にするには、やはり事前の準備と事後のフォローアップが重要だと思います。
特にレッスンが終わった後。

レッスンが終わると緊張がほぐれるせいか、ついついだらっとしてしまうのですが
レッスン直後5分だけでも内容の見直したり
会話でうまく発言できなかったところを考えなおしたり、
分からない単語を調べたりするだけでも十分勉強になります。






このサイクルが良い感じに定着しているところで
9月からまた新しい学習方法を追加しようと思います。

このブログにこんなことを宣言しているとは、つまり・・・
DALFのためのお勉強です。

今年は仏検も不合格ではあるけれど惜しいところまで来たし、
会話もオンラインレッスンを継続することで少しづつ慣れてきているところなので
またDALFをとりたい気持ちが芽生えています。単にあきらめがつかないだけともいう?

それもあるけど、やはりDALFの学習を通してフランス人の思考方法に触れることや
強制的に時事ネタを収集せざるを得なくなることなど、
苦労する分得られるものがたくさんあります。
(私の中ではDALF勉強=苦行という構図^^;)
もちろん正確なフランス語を表現ことが大前提ですが・・・


今夜は秋の学習計画を練ります。
関連記事
  1. 2018/08/25(土) 21:00:05|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

オンラインレッスン受講ルポ

最近、日本人の先生について発音の練習をしています。

最初は先生のプロフィールや受講生の口コミを見て気軽な気持ちで発音レッスンをはじめました。

でも、簡単なフランス語しか使われていないダイアローグでも、
発音と音読のリズムがきれいな先生についてたくさん音読したあとはとってもぐったり^^;

今まで規則を無視して発音していたことを痛感しています。
これ、DALFのPOなんかではマイナス要因になるでしょうね。



ちなみに、日ごろから電話相手から、電波が遠いようで聞き取りにくいのですが・・・といわれたり、
飲み会の場などがやがやしたところではほぼ確実に話し相手から「え?」「何?」と聞き返されることの多い私です。
※使用言語は日本語です。

「自信がない」というメンタル的な理由もあるかもしれませんが、
コミュニケーション能力云々以前によい声を出せないことは大きな痛手です。


しばらくは発音についておさらいしつつ、自分の声の出し方についても意識改善ができたらいいなと思います。

関連記事
  1. 2018/07/23(月) 22:14:20|
  2. アンサンブルアンフランセ
  3. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。